HOME学会概要 ≫ 会長挨拶

会長挨拶

NPO法人日本CT技術学会の設立にあたって

CEO特定非営利活動法人 日本CT技術学会 会長
金沢大学医薬保健研究域 保健学系
市川 勝弘

日本CT技術学会は,CTに関わる診療放射線技師や医工学技術者を中心に,検査技術や機器開発に貢献するために平成24年12月より活動してまいりました。そして平成29年12月22日を持ちまして,特定非営利活動(NPO)法人日本CT技術学会としての登記が完了し、わが国におけるCTに関する基礎及び応用技術研究の促進を図り、人類の福祉・医療に貢献することを目的として今後も益々積極的に活動してまいります。

本会の活動は,年1回以上の学術集会(演題発表,セミナー)及びホームページと学会誌を通した情報発信を基本とします。毎年,学術大会及びシンポジウムを通じて,臨床に活きる優れた研究成果が報告されております。本学会の学会雑誌,Japanese Journal of CT technologyはvolume 5を数えるに至り,その中では研究発表成果についての数多くの査読付き論文(抄録)が掲載され,CT技術に関する最新かつ有益な情報が発信されています。また,学会公認のCT画像計測プログラム「CTmeasure」は,標準ツールとして定着し他学会でもこのツールを用いた発表が多く見られます。さらに「日本CT技術学会,テクニカルガイドライン」を研究実績と豊富な臨床経験のあるテクニカルガイドライン委員会を中心に発刊し,年1回程度のペースで更新してきております。そして,テクノクリニカルアドバイザー(TCA)制度により,臨床現場のエキスパートの方々にアドバイザーとして本学会に対するサポートを頂いております。本学会の意義と目的は以下の3つにあります。

  • 学術的な標準やエビデンスを追求したCT技術研究の普及
    学術的な標準やエビデンスを重視して研究を考えることは非常に重要です。このような標準やエビデンスベースの研究は,手法に信頼性があり,臨床に活きる方向に向いている可能性が大であります。また,そのような信頼性は,医師,技術者,メーカ間の共通認識を促します。
  • 実績に基づいたセミナー開催
    会員のレベル向上に欠かせないのがセミナーです。本会で行うセミナーの講師には,確実な研究実績のある方々を地域に関わらず積極的に迎えたいと思います。このセミナーによって受講者は正確で有効な情報を学ぶことができ,今後の研究方針に役立つことと思います。
  • CT技術研究を進める研究者の実績拡充
    本会で発表される演題の中で優秀な演題に対しては,本学会または他学会の論文誌の論文として“積極的に”ガイドします。CT技術研究を行う方々(主に診療放射線技師)の論文実績は,歴史的に多くありませんが,演題実績はこれに反して非常に豊富です。この問題点に真剣に向き合うのが当学会の大きな役目だと思っております。 どうか本会の結成主旨にご賛同される方々には,是非入会していただきたく思います。CT技術研究の輪を皆さんの力で大きく広げていきましょう。

平成30年1月記